PTAは任意であることの徹底周知とPTAへの入会同意書の義務付け

PTAの徹底周知とPTAへの入会同意書の義務付けの署名を集め、文部科学省へ提出を目標としたブログです。

 
 
プロフィール
 

SAKI

Author:SAKI
私は今のPTAの在り方に疑問を感じています。そこで「必ず保護者に説明と入会同意書の義務付け」を徹底してほしく署名を集め文部科学省へ要望を出したいと思っています。詳しくはhttp://t.co/8Q4Gs9XEA0
twitterもやってます。@change_ptaです

 
 
署名お願いします
 

PTAは任意加入の団体であることの徹底周知、およびPTAへの入会同意書の義務付けを 文科省へお願いする署名です。「賛同!」ボタンの下にある?チェックを外すと、あなたの署名を非公開にできます。

 
 
ついでにポチっとお願いします
 
 
 
最新記事
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
最新コメント
 
 
 
カテゴリ
 
 
 

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

アンケート結果

2014/06/11 20:39
 

5月10日から実施させていただいていたアンケート「PTAは必要だと思いますか?」は6月10日をもちまして受付を終了させていただきました。

アンケート結果は以下のとおりです。
『PTAは必要だと思いますか?』
受付期間 : 2014年05月10日~2014年06月11日

1: 必要 8件 (5.0%)

2: 不要 104件 (65.0%)

3: 必要だが見直しはしたほうが良い 38件 (23.8%)

4: その他 10件 (6.3%)


以上160名の方に回答頂きました。
結果を見てみますと、不要と思う方が圧倒的ですね。
そしてその他の方の意見よりも少なかった必要という方が8件という結果でした。

しかし、このアンケートは私のHPの主旨や署名運動もしておりますので、それらを見ている方々は自ずと回答者も傾くというのは少し予想はしていましたので妥当な結果かなと思っています。

それでも理由を見てみると必要だと思う人から不要、見直しが必要、その他と様々な意見がありなるほどと思うものから???というものまで改めてPTAについて考えることができました。

不要と思う人の中には違法PTAではなければ不要だと思わないのかな?という方もちらほらと見受けられました。
私はPTAという形でも、そうでなくてもやはり違法でなければ、あってもいいと思ってます。
その中に強制であったり、欠席裁判のようなことが起きなければ、、、

アンケートに答えてくださった160名の皆様、またこのアンケートを宣伝してくださった皆様、お忙しい中ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト
 
 
 

今日「文科省 公益通報窓口」があるというのを知って文科省に電話をしてどんなものなのか聞いてみました。
通報対象の中に「PTA・青少年教育団体共済法」というものがあったのですが、これは私が見落としていたので何も関係がないことがわかったのですが、PTAに共済している保険など職員対象の窓口であって、個々のPTA活動の通報窓口ではないということでした。
よく見たら共済法と書いてありますよね(笑)

それでついでに、未だ学校にPTAは任意であることの周知をお願いしても、してくれず平行線のままなのでPTAについてお聞きしたいので、対象の部署に回してもらいました。
前に電話したときは「生涯学習推進課」という部署へ回されたのですが、今回は「社会教育課」でした。

電話に出た方は声からしてまだお若い感じで(だいじょうかな・・・)という心配があったのですが、とてもPTAについてよく理解なさっていて、『今は働いているお母様、小さい子がいるお母様でPTAの活動の両立は難しいと私共もよく理解しており、学校側には任意であることを周知していただきたいと思っていますが、教育委員会の方がおっしゃる通りPTAは任意の団体であり、外部のものがこうしなさいと直接指導できないので、文科省がこう言っていたと仰っていただいても構いませんので、校長先生や会長さんと相談なさってみてください。私もこの件について上司にも伝えておきます」
というような事を仰っていました。

生涯推進課とは随分対応が違った印象を見受けられました。
返ってくる結果は同じでも対応が違うだけで今回は『文科省の名前を出してもいいので』という言葉に心強く感じました。


 
 
 

今日、このブログでコメントを頂いて考えさせられたことがありました。
今、私はこの任意の徹底周知と入会同意書の義務付けの署名活動を行っていますが、これは私もご賛同してくれたみなさんが任意と知っていて、署名をくださったりしてくれたわけです。
しかし、TVや週刊誌で取り上げてもさほど大きく取り上げられるわけでもなく、TVではどっちつかずの取り上げ方。

もっと、PTAは任意で入退会が自由なんですと広めるにはどうしたらいいのか・・・
考えてみました。答えが出てきません。
もちろん、学校のお母さん方に直接広めていくのが手っ取り早いですが、
言った相手によっては「PTAは必要そんなことじゃ子供がかわいそう」「みんな平等にやるべき」
といった方だったらトラブルの元ですから。

ではどうすればいいのでしょう、こうしてブログやTwitterで拡散するしかないのでしょうか。
とても難しい課題になりそうです。

 
 
 

もうTwitter等では話題になっていますが横浜市PTA新任役員研修会のスライド資料特にこの中のPTAの課題PTAと任意を見ていただきたいのですが、ここまで一般に説明をしたところはあったでしょうか?

いやはやびっくりしました。横浜は保育園待機児童ゼロ(実はゼロではないと聞いてますが・・・)など教育、子育てには力を入れているのでしょうか?

ただ一つ、この資料は資料であって横浜市内のPTAが全て任意と説明をしているか?となるとそうではないでしょう。
でも、保護者からしてみると退会しやすい、役員を拒否しやすくはなりますね。

これは大きな前進。本日私の地区のP連にメールをしてこの資料も添付して要望を出しました。
返事はまだですが、どうなるのか気になるところです。

 
 

毎日感謝

2014/05/20 20:18
 

私はTwitterもやっているのですが、フォローさせてもらってる方の中にはPTAを退会された、退会手続きをされた方が何人かいらっしゃいます。
これって私にはやはり勇気のいることで「子供に何かあったらどうしよう・・・」と色々考えてしまうわけです。
退会された方も手続きをしたかた、これからされる方、同じように悩んだのではないのでしょうか。
本当に尊敬します。子供に何かあっても守ってやるという心意気も感じられます。

そうして退会されても、この運動に協力しいつも拡散してくださる方もいて、頭の下がる思いでいっぱいです。
私も、自分が退会してもこの運動はもちろん続けます。
どれだけの時間が掛かるかわかりません。
この運動に対して反発を受けることもあるかもしれません。
それでも諦めません。ここに誓います。
そして本当にご協力してくださっている皆様に改めて感謝申し上げます。

ありがとうございます。

 
 
 
 
検索フォーム
 

 
 
PTA関連リンク
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 

QR

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。